YOUCAN LIFE

25歳、自由人

33.英語のお勉強

 

 *ふと思い立つ

思い立ったら吉日。

きっかけなんて何でもいいんだよね。

なんとなくボーッとTwitter見てて、英語関連の動画とかブログとか見て読んでたら、「私も英語喋れるようになりたいな〜」って思ったから勉強始めた。

 

 *クィア・アイ

Netflixで配信されてるリアリティ番組(っていう分類?)。

Queer Eye」っていうタイトル。

ゲイノ5人組(ファブ5)が悩める人たちを、外見から、内面から、食から、住居から、1週間で大変身させてしまう番組。

 

その新シリーズ「in Japan!」が今年配信されたので観た。(前シリーズは全部は観てない)

 

日本人の謙虚な(オープンじゃない)性格とか、周りに合わせてこそとか人の目が気になるとか、個性的な人を排除しようとする傾向とか、人に尽くしすぎるとか、気持ちを言葉でなかなか表さないとか、痛いとこ突かれて、それでもこの性格たちを理解して、自信持っていいんだよ、自分が最大の味方だよって言って気持ちを前向きにしてくれるファブ5に惚れる。

 

ちなみに私は食担当のアントニがカッコいい。ゲイだけどね。

 

 *海外ドラマで英語を勉強

前に英語を勉強しよう!って思い立ったとき、調べたら「フレンズ」で勉強するの良いって見て観てみたんだけど、シットコム(笑い声入るやつ)がどうもダメで(置いてけぼりにされてる感)、1話くらいで諦めた。

フルハウスとかもそうだけど。

 

Netflixオリジナルドラマの「13の理由」はまぁ話は面白くないことはないけど、めちゃ暗い。

 

映画「ターミナル」は楽しいけど、映画2時間(くらい)は終わりが見えなさそう。

(でもやりたい)

 

普段洋画とか海外ドラマ観たり、洋楽聴いたりしないから(勉強のためにエドシーランを聴いてたこともあった)、「楽しく」観れて、勉強できるやつが欲しかった。

 

そこで出会ったのが「クィア・アイ」。

大変身していく様は見ていて楽しいし、名言らしきものたくさん飛び出すし、リアリティ番組だから日常会話が多い。

 

「in Japan」編だと日本人をプロデュースするからもっと見やすいし、日本語で言ってることの英字幕も勉強できる。

1話が1時間弱くらいで、エピソードも4つしかないから、達成できそうな気がする。

(エピソードが果てしないと終わりが見えない気がする。)

 

 *勉強法

最初はとりあえず全エピソードを

音声:英語

字幕:日本語

で観て内容を把握する。

(リスニングが大事だとか、字幕ばっかり追っちゃうからって、最初から英語のみで果敢に挑戦しようメソッドみたいなのあるけど、内容分からなすぎたら楽しくない。)

(観るのは1エピソードずつで良いんだけど、気になって次を観ちゃっただけ。でもこれくらい自分が楽しめるやつの方が良い。)

 

次は

音声:英語

字幕:英語

にして、分からない文をとりあえずノートに写す。

単語の意味を今一度確認したいときも、スペルが怪しいものも全部。

 

大体の意味を日本語字幕で確認して、(字幕選ぶときに[CC]っていうやつと2つ出てきたら、どっちも見てみると良い。[CC]は音が聞こえない人のために全ての音を字幕に出すバージョンらしいけど、日本語訳も直訳になってる気がする。意訳と直訳比べるとその変遷が分かりやすい。)

単語の意味は辞書とかインターネットで調べる。

 

パソコンあったらcromeの拡張機能で、お金払って(月100円ぐらい)、英日同時字幕で観れるらしいけどね。

パソコンないし、お金ないし、自分で書いた方が思い込みのスペルとか単語とかなくせるし、良いのではないでしょうか。

 

 *Weblio

おすすめの単語帳。

無料で会員登録できて、自分だけの単語帳が作れる。

 

それでテストとかもできるし、一般的な語彙力レベルを測れるテストもある。

ダメダメな自分も貼っていく。

最初はみんな初心者だからね。

 

 *質問箱

あと便利なのがこれ。

 

「わかりませーん」って投げたら誰かが教えてくれる。質問は匿名で可。

こんな見ず知らずの人に教えてくれる人がいるなんて、なんて優しい世界なの…

この世界は幸せで溢れてる。(リップヴァンウィンクルの花嫁より)

 

1日で超絶丁寧に教えてくれて感謝感謝。

初めてインターネット使ってみたけど(人との交流)、結構良いもんだね。

 

でも投げたやつが、日本語で言ってる言葉の英字幕の意味で、ちょっとニュアンス違ったからこれで勉強あんまり良くないかしら?

でも英語圏の人はこの字幕で観るわけだから、私たちが日本語字幕ではちゃめちゃなのを見ないように、ちゃんと意味が通ってる文なはず…だよね?

また答え返ってきたら検討する。

 

 *追記

http://lsa.dialog.jp/qaboard/qab-show.php

英語教えるの好きそうな教授らしき人に質問できるここも良い。

割と回答早く返ってきてありがたい。

 

 *参考書

中学・高校のときの本は役に立つ。

勉強する意味なんてわかんなかったけど、私はそれに反発するほどの勇気を持ってなかったから、とりあえずやってた。

今、そのとき習った文法並べろって言われてもできないけど、勉強してると、これどういう用法?っていうのが出てきて、そうすると「○○みたいな文法あったよな〜」って片鱗を思い出してきて、そこにたどり着ける。

あのときの勉強も無駄じゃなかったんだな、って思える。

 

 *モチベーションの持ち方

なにも「やらなきゃ」に追われる必要はない。

やってる途中に「やめたい」って思ったら、「ここまでにしよう」ってゴール決めてやめればいい。

「やらなきゃなー」って思ったら「別にやらなくてもいいんだよ?自分で決めたことなんだし」って思ったら、ちょっとやる気になる。

1日でいっぱいはやらない。

明日の分をついでにやらない。

毎日1ページでいいから続ける。

これが目標。

 

 *スケジュール帳

カテゴリー違うところに書いてしまうけど、来年のスケジュール帳は週間バーチカルタイプにした。

時間軸が書いてあって、実績を書くようにしようと思う。

予定自体はスマホに入れちゃうからね。

 

昨日が始まりだったから、昨日から時間を気にして動いている。

そこに「英語の勉強」した時間を入れると、やった感が見えて嬉しくなる。

 

「睡眠」が多いと「寝すぎ!」って自分の戒めになる。

 

こんな感じで見える化するといいことあるかも。食べたごはんも記録。

記憶は儚いから記録するのさ、全部。

 

 *続編乞うご期待!

英語の勉強の進捗具合も記録していきまっす。

もし挫折したらそれも書こう。

挫折したことなんて書きたくないから、また勉強に向かえそう(笑)